Harley-Davidson、「ヒーテッドジャケッ トライナー」 自主改善

■改善対策開始日:平成25年9月18日

【不具合部位(商品名)】ヒーテッドジャケットライナー

【不具合の内容】
ヒーテッド ジャケットライナーにおいて、腰部分で配線が重なっているため、当該部分が発熱し、最悪の場合、ライダーが火傷を負う可能性がある。

【改善の内容】
製造番号または原産国を確認し、該当する場合は良品と交換する

【使用者に周知させるための措置】
・ ハーレーダビッドソン ジャパンのインターネットホームページに掲載
・ 店頭にポスターを掲示
・ バイク情報誌に掲載
・ ハーレーオーナーズクラブの会報誌に掲載
・ ダイレクトメールの発送

【対象の部品名、番号、製作期間、対象数】
■ヒーテッド ジャケットライナー
・部品番号:98324-09VM
・平成22年7月〜平成24年2月
・合 計:714個

■お問い合わせ先
ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社 カスタマーサービス
TEL 0800-080-8080

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る