Harley-Davidson、「ヒーテッドジャケッ トライナー」 自主改善

■改善対策開始日:平成25年9月18日

【不具合部位(商品名)】ヒーテッドジャケットライナー

【不具合の内容】
ヒーテッド ジャケットライナーにおいて、腰部分で配線が重なっているため、当該部分が発熱し、最悪の場合、ライダーが火傷を負う可能性がある。

【改善の内容】
製造番号または原産国を確認し、該当する場合は良品と交換する

【使用者に周知させるための措置】
・ ハーレーダビッドソン ジャパンのインターネットホームページに掲載
・ 店頭にポスターを掲示
・ バイク情報誌に掲載
・ ハーレーオーナーズクラブの会報誌に掲載
・ ダイレクトメールの発送

【対象の部品名、番号、製作期間、対象数】
■ヒーテッド ジャケットライナー
・部品番号:98324-09VM
・平成22年7月〜平成24年2月
・合 計:714個

■お問い合わせ先
ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社 カスタマーサービス
TEL 0800-080-8080

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る