MotoGPオフィシャルテスト:M.マルケスが2014年型プロトタイプで1番時計

ホンダとヤマハの2014年型プロトタイプマシンが登場したシーズン3度目のオフィシャルテスト。ポイントリーダーのマルケスが転倒を喫しながら1番時計を記録すれば、ロレンソ、ロッシ、クラッチロー、バウティスタが続き、ペドロサは6番手。先陣を切ってトラックに飛び出した青山は、14番手、CRT勢の1番手に進出した。

最高峰クラスのオフィシャルテストは16日、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度36度。前日の決勝レース後から降り始めた雨により、テスト開始時間の10時は、まだ路面が濡れていたが、昼前にはドライコンディションに回復。

10時45分、先陣を切ってコースに飛び出したのは、青山博一。週末に抱えたエンジンの問題解決とセッティングに専念して、61ラップを周回。1分36秒台を22回、1分35秒台を2回記録して、2.237秒差の14番手、CRT勢の1番手に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る