MotoGPオフィシャルテストが16日にミサノで開催

ヘレス、カタルーニャに続いて、シーズン3度目のオフィシャルテストがミサノで開催。スズキとドゥカティのテストチームを加えた15チーム、24名が参加。HRCとヤマハは、2014年型のプロトタイプマシンを投入する計画がある。

最高峰クラスは16日、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリに延滞して、シーズン中3度目となるオフィシャルテストを実施。2015年からの復帰を目指すスズキが合流する。

次戦アラゴンGPからの残り5戦、来季、そして、2年後に向けて、スズキのテストチーム、ランディ・ド・プニエと青木宣篤、ドゥカティのテストチーム、ミケーレ・ピロが合流。パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームのアレックス・エスパルガロ、イグナイト・プラマック・レーシングのベン・スピースが欠場することから、合計24名が参加。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る