MotoGP ヤマハ&テック3、契約を更新

チャンピオンシップを代表するサテライトチーム、テック3がヤマハとの協力関係を継続することが決定。今後も強力な協力関係のもと、最高峰クラスでヤングライダーの育成を取り組んで行く。

ヤマハ発動機は12日、サテライトチーム、テック3との契約を更新したことを発表。2014年から2年間、パートナーシップを継続することが決定して、今後も密接な協力関係のもと、最高峰クラスでヤングライダーの育成を続ける。

ヤマハ・モーターレーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、「エルベ・ポンシャラル率いるテック3とのパートナーシップを継続できることになり、大変嬉しく思います。我々は10年以上に渡ってお互いに協力し合い、多くの素晴らしい思い出を共有してきました。」

「モンスター・ヤマハ・テック3は、最高峰クラスのトップサテライトチームとして活動を続け、そのライダーたちは、幾度となく好成績を挙げて、ファンに感動を与えています。今日ではモンスターエナジーが共通のスポンサーになり、お互いの関係は緊密になっています。今後はさらに協力関係を深め、ヤマハ・ファクトリー・レーシングとしての重要なプログラムの1つである、ヤングライダーの育成に共に取り組んで行きます」と、コラボ継続の理由を説明。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る