[DUNLOP]ARRC Rd.5 藤原選手が望みをつなぐパーフェクトウイン!

◆SUPER SPORTS 600cc
アジア選手権第5戦の舞台は、九州オートポリス。カワサキのホームコースであり藤原選手(カワサキ)にとってはシリーズ中最も走り込んでいるコースだ。土曜日の予選は晴れ、雨が懸念された日曜日も曇りながらドライコンディションで戦われた。

予選では藤原選手がトップタイム、2位はワイルドカードで参戦の中冨選手(ヤマハ)、3位にランキングトップのカマルザマン選手(ホンダ)がつけ、この3選手だけが1分53秒台をマークした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る