【新車】2014ドゥカティ・スーパーバイク899パニガーレがフランクフルトでデビュー

◆ファン待望の899パニガーレが、ドゥカティCEOのクラウディオ・ドメニカーリによって、フランクフルト国際モーターショー前夜祭として開催されたフォルクスワーゲン・グループ・ナイトで初公開。
◆強烈な個性を放つ「スーパーミッド」モデルは、ドゥカティ・スーパーバイク・ワールドへの新たな道を切り拓く。
◆899パニガーレは、モノコック・コンセプト、スーパークアドロ・エンジン、業界最先端のエレクトロニクスを搭載。

=ボルゴ・パニガーレ(ボローニャ)、2013年9月9日=
ファン待望のドゥカティ899パニガーレが、9月12〜22日に開催されるフランクフルト国際モーターショー(IAA)前夜に開催されたフォルクスワーゲン・グループ・ナイトで初公開された。ニューモデルのプレゼンテーションを担当したドゥカティ最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメニカーリは、2014年モデルのラインナップ計画も発表した。
MY2014 899 Panigale Press Release|PDFファイル(緒元値は全てイタリア本国仕様です。)

【フォトギャラリー】Ducati|2014ドゥカティ・スーパーバイク899パニガーレデビュー
【海外ニュース】フランクフルトモーターショーを前にドゥカティが899パニガーレを正式発表

ドゥカティ・スーパーバイク・ワールドへの登竜門として強烈な個性を放つ899パニガーレは、数々のモーターサイクル賞に輝く1199パニガーレの「スーパーミッド」バージョンとして位置づけられ、スリリングな魅力と日常的なストリートバイクとしてのキャラクターを併せ持つ新世代のフラッグシップ・モデルである。

新設計されたスーパークアドロ・エンジンは、フラットなパワー/トルク特性を実現するためにボアとストロークが見直され、148hp(109kW)の最高出力と73lb-ft(10.1kgm)の最大トルクを発生する。極めてスムーズなパワーユニットは、パニガーレ・モノコック構造においてはストレスメンバーとして構造部材の役割を果たし、わずか169kgの乾燥重量によって、驚異的なパワー・ウェイト・レシオと俊敏性の向上を実現している。1199パニガーレを思わせるシルエットが、スーパーバイク・ファミリーのDNAを強調。ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)に加え、ライド・バイ・ワイヤ、3ステージABS、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)、エンジン・ブレーキ・コントロール(EBC)を統合制御するライディング・モード・テクノロジーを採用し、最新世代スーパーバイクのベンチマークにふさわしいエレクトロニクスを誇る。

899パニガーレのデビューにより、スタイリッシュにハイパフォーマンス・モーターサイクルの門戸を叩きたいライダーに新たなオールラウンド・パフォーマンスの可能性が開かれる。カラーリングは、ドゥカティ伝統のレッドとブラック・ホイール、アークティック・ホワイト・シルクとレッド・ホイールの2タイプが用意される。

◆日本仕様、日本への導入時期、価格等は現在未定

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る