[SUZUKI]JMX Rd.7 熱田孝高が3位表彰台を獲得、小島庸平はポイントランキングトップをキープ

全日本モトクロス選手権シリーズ第7戦近畿大会は、奈良県山辺郡山添村の名阪スポーツランドで開催された。IA1クラスではTeam SUZUKIの熱田孝高が第1ヒートで3位表彰台を獲得。小島庸平は両ヒートともアクシデントに見舞われ不本意な成績となったものの、苦境を挽回してランキングトップを堅持した。IA2クラスの岡野聖は怪我からの復帰レース第2ヒートで3位表彰台を獲得。またIB2クラスでは池本凌汰が3位表彰台を獲得。この結果6戦の有効ポイントランキングで暫定首位に浮上した。

会場の名阪スポーツランドは変化に富んだレイアウトとサンド主体の路面が特徴のコース。全体にコース幅が狭くラインが限られることに加え、直前まで降り続いた雨の影響を受け、荒れたコンディションで決勝レースが行われた。

IA1クラス第1ヒート、好スタートを決めた熱田と小島は、熱田が2番手、小島が5番手でオープニングラップをクリア。2周目、小島がひとつ順位を上げて4番手に浮上。序盤トップを狙った熱田は、前に出ようと走行ラインを外してミスし逆にポジションを落としてしまう。熱田と順位を入れ換え3番手に順位を上げた小島だったが、後半勝負をしかけた際に転倒を喫して8番手に後退。小島の転倒で再び3番手に浮上した熱田は、後半手堅く走り切って3位表彰台を獲得。小島は8位でフィニッシュした。

第2ヒート、スタート直後1コーナーへの進入でマルチクラッシュが発生。小島、熱田ともこの転倒に巻き込まれ、小島は再スタートを切るもダメージを受けた熱田は戦列離脱を強いられる。1周目11番手で戻ってきた小島は懸命の追い上げで前半5番手まで順位を上げるが、トップグループとの差を詰めることは出来ず、5番手のポジションをキープしてフィニッシュした。

IA2クラス第1ヒート、第4戦SUGO大会で負傷し3戦ぶりに復帰を果たした岡野は、スタート1コーナーで他車と接触し転倒。再スタートしたもののほぼ最後尾からの追い上げとなった岡野は、20番手で1周目のコントロールラインを通過。雨が上がったばかりのマディコンディションで走行ラインが限られる中、懸命の追い上げを見せた岡野はレース中盤14番手まで順位を回復。後半も確実に攻め続けた岡野は更に順位を上げ10位でチェッカーを受けた。

第2ヒート、オープニングラップを7番手でクリアした岡野は、序盤5番手まで順位を上げると中盤さらに1台をパスし4番手にポジションアップ。後半、前を走るディフェンディングチャンピオンの山本 鯨(ホンダ)との差を確実に詰めた岡野は、完全に山本を上回るペースでこれを抜き去り3位に浮上。2位のポジションにはあと一歩及ばなかったものの、最後まで攻め続け復帰戦で3位表彰台を獲得した。

また今大会の第1レースとなったIB2クラスでは池本凌汰 (Team SRM with マウンテンライダース)が3位表彰台を獲得。今季ここまで2勝をマーク、5度目の表彰台を獲得した池本は、6戦有効ポイント制のランキング争いで暫定トップに浮上した。

◆小島 庸平 コメント
第1レース 8位 第2レース 5位 総合 6位
「ヒート1は残り10分まで様子を見て、自分の方がペースは速かったし、これからと言うときにやってしまいました。8−5というリザルトはもちろん良くはないです。でも、結果論ですが、レースにアクシデントは付き物だし、両ヒートともノーポイントになってもおかしくないようなクラッシュだったからランキングトップをキープ出来たことをポジティブに捉えます。このあと日本代表としてネイションズに参戦して、ラスト2戦を迎えることになる。自分がやるべきことをしっかりとやるだけです。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る