「いい加減」に生きるべし!

先日、交通安全祈願で全国的に有名な川崎大師様でご祈祷していただいた時に、お坊さんの説教にとても感銘を受けたのでご紹介したいと思います。

幸せには「ポジティブな幸せ」と「ネガティブな幸せ」があるそうです。
ポジティブというのは、たとえば事業が成功したとか、出世したなど上昇志向のもの。ネガティブとは、今日も一日何事もなく無事に過ごせてよかったと思う、いわば安定志向のものだそうです。

ビジネスの世界では一見、ポジティブに進んだほうが良いように思えますが、自分の思い通りにならないと知ったとき、一気に自分は不幸だと感じてしまうのが難点だとか。

それに対して、最初から何もないことを良しとするネガティブでは、自分が今日も生きていることに感謝し幸せな気持ちになれる。仏教の基本はどちらかというと、ネガティブな幸せを見出すことにあるそうです。

バイクになぞらえるなら、「タイムが出ない」とかでイジイジするより、「今日も無事帰ってこられた」ことに感謝する気持ちが大事なのかもしれませんね。

そして、一番心に残ったのは「いい加減」であれ、と言われたことです。「いい加減」とはもともとは「良い加減」から来ていて、ちょうどいいあんばいという意味だそう。けっして悪い意味ではないんですね。

人間だれでもポジティブとネガティブの間を漂っているわけで、その間を「いい加減」に生きなさい、という話でした。
凡人にはなかなか簡単にはできないものですが、少しだけ両肩から力が抜けた気がしました。お説教もたまにはいいものですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る