JRR Rd.7 野左根航汰がポールtoフィニッシュで3連勝!

ポールポジションからスタートした野左根航汰がホールショットを奪うとレースをリード。2番手以下を引き離していく。

追うデチャ・クライサーを始め、高橋英倫、井筒仁康、長島哲太と次々に転倒を喫してしまう波乱の展開に。レース終盤になるとトップを走る野左根は、ペースが落ちてしまい、浦本修充、生形秀之が接近していく。

野左根は、必死に逃げ浦本を0.836秒抑えトップでチェッカー。見事3連勝を飾り、ポイントリーダーに躍り出た。浦本が2位に入り今季初表彰台。生形は3位でチェッカーを受けた。

以下、岩田悟、関口太郎、津田一磨、佐藤大樹、原田武人、荒瀬貴、転倒後、再スタートした高橋の順でチェッカーを受けている。

■MFJ公式結果ページ・タイムスケジュール/エントリーリスト
 http://www.mfj.or.jp/user/contents/race_result2013/road_race/2013result/rd07/

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る