[DUNLOP]ARRC Rd.4 中冨選手がパーフェクトウイン!

アジア選手権第4戦の舞台は、初開催となる鈴鹿サーキット。翌週には九州オートポリスに舞台を移す2週連続開催の日本ラウンドとなった。
台風の影響が心配されたが、土曜日の予選は曇り、日曜日の決勝もわずかな降雨だけで晴れ間ものぞいたが、この小雨がドラマを生む結果になった。
 予選ではランキングトップのカマルザマン選手(ホンダ)がトップタイム、ワイルドカードで参戦の中冨選手(ヤマハ)が2位につけたが2人の差は0.005秒で激戦を予感させる。

Race1
 レース1は東コースがドライ、後半の西コースにウエット路面が残る難しいコンディションでスタート。ホールショットは予選2位の中冨選手。カマルザマン選手が続き、予選3位の藤原選手(カワサキ)が追走する。1周目の130R、濡れた路面ながら藤原選手がインをつき2位へ浮上、この3台が激しいバトルを展開していく。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る