レッドブル・ルーキーズ・カップ:ハニカがタイトル獲得に王手/三原が連続6位に進出

開幕戦からチャンピオンシップをリードする17歳のチェコ人ライダー、ハニカが第1レースで今季6勝目を挙げて、タイトル獲得に王手をかけたが、第2レースで接触転倒リタイヤを喫して、タイトル争いの決着は次戦ミサノ・ラウンドに持ちこされた。

レッドブル・ルーキーズ・カップの第6戦シルバーストン・ラウンドは週末、シルバーストン・サーキットで行われ、第1レースでポイントリーダーのカレル・ハニカ(チェコ)、第2レースでスコット・デウル(オランダ)が優勝。日本から参戦の三原荘紫が連続して6位を獲得すれば、渡辺ユヰは連続してポイント圏内に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハーレーダビッドソン ジャパンは、全国の正規ディーラーと共に、5月19日(土)と20日(日)…
  2. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  3. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  4. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
ページ上部へ戻る