レッドブル・ルーキーズ・カップ:ハニカがタイトル獲得に王手/三原が連続6位に進出

開幕戦からチャンピオンシップをリードする17歳のチェコ人ライダー、ハニカが第1レースで今季6勝目を挙げて、タイトル獲得に王手をかけたが、第2レースで接触転倒リタイヤを喫して、タイトル争いの決着は次戦ミサノ・ラウンドに持ちこされた。

レッドブル・ルーキーズ・カップの第6戦シルバーストン・ラウンドは週末、シルバーストン・サーキットで行われ、第1レースでポイントリーダーのカレル・ハニカ(チェコ)、第2レースでスコット・デウル(オランダ)が優勝。日本から参戦の三原荘紫が連続して6位を獲得すれば、渡辺ユヰは連続してポイント圏内に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る