良くも悪くも視覚効果!

最近、視覚効果によって交通の流れをスムーズにしようという研究が進んでいるようです。東京湾アクアラインのトンネルを走っていると、壁面を青白い光が追い越していくのを見たことがある人も多いはず。これは「ペースメーカーライト」といって、上り坂で自然に減速してしまうことで起きる渋滞を緩和するために設置されているそうです。

ドライバーが光を追って加速することで、無意識に減速が防げるというわけ。実際に効果も上がっているようです。また、関越道の大泉ジャンクションの急カーブには「レーンマーク」という白い波線が描かれていて、カーブが近づくにつれその間隔が短くなるため、ドライバーは加速しているように感じて思わずブレーキを踏んでしまうもの。こちらは反対に平均速度が10キロ下がって事故は8分の1に減ったということです。

人間は情報の約9割を視覚から得ているといわれていますが、裏を返せばライダーやドライバーの心理はそれだけ視覚に影響されやすいということ。先の例は「錯覚」を良い方向に活用したわけですが、逆に悪い方向にいく可能性もあるでしょう。

たとえば、車格が小さいバイクは速度を過少評価されやすく、特に直線の広い道や夜間は速度が遅く感じられたりします。知っているつもりでも、つい忘れてしまうのが我々人間。
日もだいぶ短くなってきました。夏の疲れも出る頃なので、皆さん運転には十分気をつけてくださいね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る