7度のエンデューロワールドチャンピオン、ユハ・サルミネンはEWCから引退

フィンランドの36歳。7度のエンデューロワールドチャンピオン、2度のGNCCチャンピオン。ユハ・サルミネン(Husqvarna)は、今季限りでEWCの第一線から引退することを発表した。

ISDEでの優勝を含めると、20ものワールドタイトルを獲得してきた。今後どのようなことがあっても、史上最強のライダーとしての記録は消えることがないだろう。
ちなみに、エンデューロ世界選手権での優勝回数は96回。インターナショナル6日間エンデューロでも7回の優勝。

関連記事

編集部おすすめ

  1. サインハウスは、Lambretta(ランブレッタ)のライセンスグッズを発売した。 今回…
  2. ナイトロンジャパンは、英国生まれのスタイリッシュカフェレーサー“TRIUMPH THRUXT…
  3. 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース」の、2019年および202…
  4. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
ページ上部へ戻る