7度のエンデューロワールドチャンピオン、ユハ・サルミネンはEWCから引退

フィンランドの36歳。7度のエンデューロワールドチャンピオン、2度のGNCCチャンピオン。ユハ・サルミネン(Husqvarna)は、今季限りでEWCの第一線から引退することを発表した。

ISDEでの優勝を含めると、20ものワールドタイトルを獲得してきた。今後どのようなことがあっても、史上最強のライダーとしての記録は消えることがないだろう。
ちなみに、エンデューロ世界選手権での優勝回数は96回。インターナショナル6日間エンデューロでも7回の優勝。

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る