7度のエンデューロワールドチャンピオン、ユハ・サルミネンはEWCから引退

フィンランドの36歳。7度のエンデューロワールドチャンピオン、2度のGNCCチャンピオン。ユハ・サルミネン(Husqvarna)は、今季限りでEWCの第一線から引退することを発表した。

ISDEでの優勝を含めると、20ものワールドタイトルを獲得してきた。今後どのようなことがあっても、史上最強のライダーとしての記録は消えることがないだろう。
ちなみに、エンデューロ世界選手権での優勝回数は96回。インターナショナル6日間エンデューロでも7回の優勝。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る