7度のエンデューロワールドチャンピオン、ユハ・サルミネンはEWCから引退

フィンランドの36歳。7度のエンデューロワールドチャンピオン、2度のGNCCチャンピオン。ユハ・サルミネン(Husqvarna)は、今季限りでEWCの第一線から引退することを発表した。

ISDEでの優勝を含めると、20ものワールドタイトルを獲得してきた。今後どのようなことがあっても、史上最強のライダーとしての記録は消えることがないだろう。
ちなみに、エンデューロ世界選手権での優勝回数は96回。インターナショナル6日間エンデューロでも7回の優勝。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る