7度のエンデューロワールドチャンピオン、ユハ・サルミネンはEWCから引退

フィンランドの36歳。7度のエンデューロワールドチャンピオン、2度のGNCCチャンピオン。ユハ・サルミネン(Husqvarna)は、今季限りでEWCの第一線から引退することを発表した。

ISDEでの優勝を含めると、20ものワールドタイトルを獲得してきた。今後どのようなことがあっても、史上最強のライダーとしての記録は消えることがないだろう。
ちなみに、エンデューロ世界選手権での優勝回数は96回。インターナショナル6日間エンデューロでも7回の優勝。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る