MotoGP Rd.12イギリスGP:プレスカンファレンス

MotoGP後半戦の3戦目、3連戦の3戦目となるシリーズ12戦目、イギリスGPの開幕を前日に控えた中、最高峰クラスの上位5人、マルケス、ペドロサ、ロレンソ、ロッシ、クラッチローに来季の最高峰クラス進出が決定した中量級のポイントリーダー、レディングが共同会見に出席した。

第12戦イギリスGPのプレスカンファレンスは29日、シルバーストン・サーキットのプレスカンファレンスルームで行われ、グランプリの主役6人が出席した。

前戦チェコGPで4連勝、今季5勝目を挙げ、ポイントリーダーとして乗り込んで来たマルク・マルケスは、「(5連勝?)可能かもしれないけど、非常に難しい。125ccマシンでは良かったけど、Moto2マシンで少し苦戦したから、週末の様子を見よう。いつものように最善を尽くすけど、カルは速い。昨年も足を怪我していたけど、速かった。MotoGPマシンで楽しそうだ。トライしてみたい。重量があるけど、ロングストレートはナイス。グッドな週末にできると思う。」

「チャンピオンシップのリーダーということに驚き。グレートなサプライズだ。この状況が嬉しい。期待していなかったけど、まだ7戦が残っている。ダニとホルヘは、すごく速いから仕事をする必要がある。プレッシャーはない」と、現状を語った。

26ポイント差のランク2位、ダニ・ペドロサは、「体調は良くなっている。これは大きな安心。ラストレースでは優勝争いにトライした。これは精神面とチームにとって重要なこと。少しハードにトレーニングができるようになったことはポジティブだ。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る