ホンダからお洒落で環境にやさしい新型スクーターが登場!

Hondaは環境性能に優れた次世代小型スクーター用エンジン=eSP(enhanced Smart Power) を搭載した「Sh mode」を9月13日(金)から発売開始する。

コンセプトは「Charming & Elegant Style」で、上質感のあるラウンドシェイプを基調としたボディーラインを採用したスタイリッシュなデザインとコンパクトで親しみやすい車体サイズが魅力となっている。

エンジンは水冷4ストOHC単気筒125ccと一般的な原付2種のカテゴリーとなるが、今回注目したいのは「eSP(イーエスピー)」を搭載していること。ホンダが開発した新開発の小型スクーター用グローバルエンジンで、細部に至る徹底的な見直しにより、軽量・小型化を図ると共に、ホンダ独自のPGM-FI( Programmed Fuel Injection)や新開発の高弾性ゴムを使用したドライブベルトの採用などにより、耐久性と静粛性を高めているのが特徴だ。特筆すべきは燃費性能で、従来の同クラスのエンジンに対し25%の燃費向上を果たしているという。

eSPはすでに一部海外向けモデルの他、「PCX」や昨年発売された「PCX150」にも搭載されているが、「Sh mode」でも同様に低フリクション技術を多岐にわたり投入するとともに、信号待ちや渋滞などの停車時にはエンジンが自動的に停止する「アイドリングストップシステム」を搭載することで、無駄な燃料消費や排出ガスを軽減し、高い環境性能を実現しているのが特徴だ。気になる燃費性能は定地燃費値で52.0km/L(60km/h定地走行 2名乗車時)。
市街地走行を想定したWMTCモード値では49.7km/L(1名乗車時)を実現している。ガソリン価格が急騰している昨今、1リッターで実質50km近く走れるというのは大きな魅力だろう。

また、フロント16インチ、リア14インチの大径ホイールを採用することで、荒れた路面での走行安定性を向上。スリムな車体でありながら、シート下にはヘルメットも収納可能な容量18Lのゆとりのラゲッジスペースを確保して利便性を高めたという。ちなみに石畳が多いヨーロッパでは、以前から前後16インチなどのラージホイールスクーターが主流であり、お洒落な若い女性同士が街でタンデムしている姿を見かけることも多い。日本でも「Sh mode」が映し出す、今までとはちょっと違った風景を期待したいところだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】HONDA、上質感がある洗練されたフォルムのスクーター「Sh mode(モード)」を9月13日発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る