[DUNLOP]JRR Rd.6 JSB1000 藤田選手が6位を獲得。加賀山選手は転倒リタイア

JSB1000クラスは、6月30日第4戦筑波以来、約2ヶ月ぶりの戦いとなった。今回のSUGO戦はセミ耐久レースで、100マイル43周のレース。1人もしくは2人がペアを組み、決勝に挑む。ピットインは最低1回が義務付けされ、15秒間はピットに留まるという特別ルールが採用された。また、スタートは鈴鹿8耐のようにル・マン式で行われる。

今回、Team KAGAYAMAの加賀山就臣選手(SUZUKI)は、ダンロップのテストライダーでもある武田雄一選手とペアを組む。また、藤田拓哉選手(YAMAHA)は1人でエントリー。今野由寛選手(SUZUKI)は今回事情により欠場した。

予選は、晴天の中で行われた。今回は通常の計時予選1時間。2名のチームは、1時間で1台のマシンを交互にライディングした。加賀山選手は4番手のタイムをマークし、加賀山・武田組は4番グリッドをゲットした。また、藤田選手は8番手グリッドとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る