[DUNLOP]AMA プロモトクロス Rd.12 450クラス ビロポートが圧倒的なスピードで完勝!

シリーズ最終戦の会場は、レイクエルシノア・モータースポーツパーク。AMAプロモトクロスが行われるのは、昨年の初開催に続いて2度目となる。エルシノアの名は世界的なレジェンドだが、この湖を中心としたオフロードで行われるエルシノアグランプリが、On Any Sunday(映画:1971年)で紹介されたことがブームの発端になった。

レイクエルシノア・モータースポーツパークには、プロ用から初心者用まで数多くのコースがあったが、2年前にオーナーが交代してからは、AMAプロモトクロスを誘致するためにレイアウトが全面的に改められた。大量の土を運び込んでリニューアルされたコースは、元来の平坦な土地に人工的なアップダウンやビッグジャンプを設けたものだ。今年は路面の掘り起こしと撒水をより入念に行ったため、乾くとハードに固まりやすい土もワダチができるほどルースに保たれていた。

450クラスのヒート1、オープニングラップのオーダーはジョシュ・グラント(ヤマハ)、ジャスティン・バーシア(ホンダ)、ライアン・ビロポート(カワサキ)、ライアン・ダンジー(KTM)、トレイ・カナード(ホンダ)。この中からビロポートが2位に浮上した後、5周目にグラントをかわしてトップに立った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る