[Repsol]MotoGP Rd.10 勢いが止まらないマルケスが4勝目、ペドロサは冷静に2位を獲得

インディアナポリスでマルケスがペドロサの前で勝利、レプソル・ホンダチームは今シーズン3度目のワンツーフィニッシュを達成した。マルク・マルケスは4つのセッションでトップタイムをたたき出し、ポールポジションを取り、ウオームアップ走行をリードしたインディアナポリスでスペクタクルな週末を終えた。マルケスはサーキットレコードを出し、選手権ポイントに25ポイントを加えた。マルケスは2013年にアメリカで開催された3レース全てに勝利、1列目からのこの3勝で総合順位でリーダーを維持している。チームメイトのダニ・ペドロサと21ポイント差、ロレンソとは35ポイント差。ペドロサは依然この前の左鎖骨の骨折に苦しんでいるが、痛みに打ち勝ち堅実に2位を獲得した。

レースはレプソル・ホンダチームのライダーにとっては良くないスタートだった。ロレンソが早いペースでスタートした。3人のスペイン人はロレンソが前、ペドロサ、マルケスが続き、前半で後方との差を広げた。9周目にマルケスがアクションを起こした。初めにペドロサを抜き、4周後のターン2でロレンソを抜いた。残り10周、シリーズリーダーのマルケスは2回ファステストラップを記録、差を広げ3連勝で4勝目をあげた。
彼の後方では、ペドロサが攻撃のチャンスを待ち、ロレンソのすぐ背後についていた、そしてそれは残り2周でやってきた。彼はストレートでクリーンな抜き方をして2位に上がり、タイトル獲得に向け、総合得点に20ポイントを加えた。

モトGPは今週チェコに戻る。選手権は3週連続の2つめのレースになる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る