アリの行列に見習おう!

先週までの盆休みではロングツーリングに出かけた方も多いことでしょう。
バイクの旅は心と体のリフレッシュに最適ですよね。ただ、高速道路で毎度のように発生する行楽帰りの大渋滞にはうんざり!

工事や事故による渋滞ならまだ仕方ないと諦めもつきますが、腑に落ちないのは自然渋滞。なぜ、何もないのに突如渋滞が起きるかというと、速度の「ゆらぎ」が原因だそうです。

たとえば、上り坂では自分は一定にアクセルを踏んでいるつもりでも、いつの間にか速度が落ちていたり、反対車線の事故などに目を奪われて無意識に減速してしまう、いわゆる見物渋滞なども原因になっています。「ゆらぎ」が発生するとこれが波のように増幅してクルマの塊ができて、道路上のクルマの密度が一定値を超えると渋滞となるそうです。

最近の新聞記事に出ていましたが、アリが整然と木の枝の上を歩くとき渋滞が起きないのは、フェロモンの臭いに従って、前と適度な距離を保ちながら一定速度で進むからだそうです。まるで自動運転!
アリの集団行動からクルマや人の渋滞のメカニズムを解明する研究が進んでいるそうです。なるほど、自然界に学ぶことは多いですね。私たちもアリに見習って、ストレスのないスムーズな走りを心掛けたいものです。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る