[KTM]MotoGP Moto3 KTMパワー炸裂! Moto3クラスの7位までを独占

『2013MotoGP/第9戦アメリカ・インディアナポリス』。Estrella Galicia 0,0の#42/Alex Rins(アレックス=リンス)が冷静なレース運びで優勝。今季3勝目をマーク。

そのチームメイトである マーク。そのチームメイトである#12/Alex Marques(アレックス=マルケス)が2位、Team Calvoの#25/Maverick Vinales(マーベリック=ビーニャレス)が3位となり、KTMを駆るスペイン人ライダーが表彰台を独占しました。

またKALEXKTMを駆るドイツ人ライダー、Mapfre Aspar Team Moto3の#94/Jonas Folger(ジョナス=フォルガー)が4位。ポイントスタンディングス首位、Red Bull KTM Ajoの#39/Luis Salom(ルイス=サロム)は足首を痛めながら5位でフィニッシュ。チームメイトの#61/Arthur Sissis(アーサー=シシス)が6位、#63/Zulfahmi Khairuddin(ズルファミ=カイルディン)が7位に入りました。

前戦でシーズン2勝目をあげ、自分の勝ち方を見いだしたリンスは、今回もマルケスとビーニャレスによる熾烈な首位争いを制しました。またMotoGPクラスを戦うマルク=マルケス(ホンダ)の弟であるアレックス=マルケスは今季初の表彰台を獲得。ラスト2周目にはリンスをかわし、首位を走るほどのポテンシャルも見せました。

サロムは土曜日にハイサイドで転倒。激しい痛みと足首の腫れに耐えながら決勝を走りました。そしてチャンピオンシップにおいては重要なポイントを獲得しました。またチームメイトのシシスとカイルディンも今季最高リザルトをマークし、Red Bull KTM Ajoにとっても実りある週末となりました。しかもシシスは好スタートを切り、オープニングラップをトップで戻ってくるほど好調をアピールしたのです。

これによりサロムは183ポイントとし、2位ビーニャレスは174ポイント、3位リンスは167ポイントとなり、わずかな差でポイントスタンディングス首位を走っています。しかしGPは3分の2を消化したのみ。7戦も残されているのです。

次戦/第11戦は、8月25日にチェコ・ブルノで開催されます

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る