ヤマハが三輪バイクに本格参入!

ヤマハ発動機の柳弘之社長は2014年前半に市場投入する前輪を二つにした三輪バイクについて、発売後2〜3年で世界販売10万台超を達成したいとの考えを明らかにした。

ヤマハは先にも中期的な販売計画の中で前2輪の3輪バイク(トライク)や超小型4輪など、新ジャンルの乗り物を強化していくと発表している。2輪市場で競争激化するアジアを中心とした新興国での差別化なども視野に入れているようだ。

トライクというと、一般的には前1輪+後2輪のタイプをイメージする人が多いと思うが、ヤマハが目指すのは、前輪を2輪として悪路や段差、ウェット路面での安定性を向上させつつ、コーナリングでは車体を傾けて曲がることで、バイクらしい機動性・軽快な走りも実現するものだ。ヤマハとしては、バイクに関心はあっても不安定さに苦手意識を持つ層にアピールするのが狙いという。もともとは安定性重視の乗り物として開発に着手したが、よりスポーティな方向性で開発を進めているらしい。

ちなみに一般的なトライクは道交法で「自動車」として取り扱われるため、自動車免許があれば運転できる。トライクは「ノーヘルで乗れる」というのはこのためだ。ただ、2010年の法改正により、現在は「車輪及び車体の一部又は全部を傾斜して旋回する構造を有するもの」に関しては「自動二輪車」の扱いとなる。ヤマハが開発しているのもこちらのタイプで、つまり、れっきとした3輪バイクということだ。

前2輪で傾斜して曲がるタイプはこれまでもピアジオのMP3などが有名だが、どこまで寝かせてもフロントがまったく滑る感じがしない独特のコーナリング安定性は素晴らしいものだ。ヤマハの新型トライクにはどんな新技術が搭載されているか楽しみだ。
今秋に開催される東京モーターショーなどで詳細を公表するというから期待したい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆三輪バイク、2、3年で10万台
◆新世代バイクは3輪!ヤマハ発の新戦略

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る