【新車】YAMAHA、新型155cc軽二輪スクーター「マジェスティS XC155」10月30日発売

ヤマハ発動機株式会社は、新開発の155ccエンジンを搭載した軽二輪スクーターの新製品「マジェスティS XC155」を2013年10月30日より発売します。

「マジェスティS XC155」は“Next Generation Fun to Ride Commuter“をコンセプトに開発したモデルです。1995年の初代モデルの発売以降、ビッグスクーター市場を牽引する250ccスクーター「マジェスティ YP250」の高い走行性能とデザイン性を受け継ぎ、スポーティな走行性能、都市部で扱いやすいコンパクトなボディサイズと高い利便性、新世代を予感させるスタイリングなどが特徴です。
なお本製品の製造は、ヤマハモーター台湾で行います。

▼マジェスティS XC155 シルキーホワイト

▼マジェスティS XC155 ブラックメタリックX

▼マジェスティS XC155 マットチタン1

▼マジェスティS XC155 ダルレッドメタリックD

■メーカー希望小売価格:340,200円(本体価格324,000円、消費税16,200円)
■発売日:2013年10月30日

■カラー
・シルキーホワイト(ホワイト)
・ブラックメタリックX(ブラック)
・マットチタン1(マットチタン)
・ダルレッドメタリックD(レッド)
■原動機種類:水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ/単気筒
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

>> 「マジェスティS XC155」製品情報はこちら

=マジェスティS XC155の主な特徴=

1)新開発の155ccエンジン
 新開発の水冷・4ストローク・FI(電子制御燃料噴射装置)のCVTエンジンを採用しました。FIと最適化を図ったコンパクトな4バルブ燃焼室を採用し、扱いやすい出力特性、幅広いトルク特性と優れた加速性能を備えています。耐熱性に優れ低振動化に貢献するアルミ鍛造ピストン、優れた放熱性をもつメッキシリンダー、低振動化に貢献するバランサーなどを採用しています。

2)スポーティな走行性を実現する足回り
 ダイレクト感あるスポーティな操縦性と、優れた収納性を合わせて実現するため、ユニットスイングの車体搭載は“プログレッシブピボットマウント”としました。現行「マジェスティ YP250」同様の構造で、防振リンクを介さない直接懸架方式を採用することによりダイレクト感ある操縦性を引き出しています。

3)グリップ性に優れた前後タイヤ及び、前後ディスクブレーキを採用
 スポーティな走りを支えるグリップ性に優れた専用開発タイヤを装着しました。ブレーキは前後ともに、良好な操作性を備えたディスクブレーキを採用。フロントはスポーティイメージを強調するウェーブ形状としています。

4)フルフェイスヘルメットと雨具などを同時収納できる約32リットルのシート下スペース
 フルフェイスヘルメット※に加え雨具なども収納できる広いシート下収納スペースを備えています。メインスイッチでシートのフルオープンが可能、シートを手で持ち上げることなく収納部へアクセスできる設計としました。
※一部サイズ・形状により収納できないものもあります

5)タンデム時の快適性とスポーティな走りを両立する設計
 メインシートの着座位置を後方にまで十分とり、自由度の広い乗車姿勢が可能です。またフラットなフットボードで良好な乗降性を実現しています。リアサスペンションには、マスの集中化、そしてスペース効率の良い、ミッドシップダンパー(モノクロスサスペンション)を採用。路面からの上下方向の動きを水平方向に転換する水平方向配置とし、タンデム時の良好な乗り心地と路面追従性に優れたスポーティな走行性能を両立しています。便利なワンプッシュオープンタンデムステップも採用しました。

6)デザインの特徴
 デザインキーワードは、「Advance Sporty Deluxe」とし、(1)落ち着きのある流れるようなボディライン、(2)ポジションランプを一体とし、スポーティさに上質さを加えた大型ヘッドランプ、(3)抑揚のある造形でコンパクトな軽量感を表現する流麗なリアボディ、などを調和させています。

7)その他の特徴
 時計付きのスポーティな3連メーター、LEDポジションランプ&テールライト、可動式アルミ製コンビニフック(最大荷重3kg)、盗難抑止キーシャッター付メインスイッチ、フロント給油口、フロントポケット(約2.7L容量)などを装備しています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る