カロッツェリアジャパン、ステアリングダンパー自主改善

株式会社カロッツェリアジャパンから、同社が後付部品として販売したステアリングダンパーにおいて、不具合があることが判明したため、下記のとおり自主改善を実施する旨報告がありましたので、お知らせします。

■改修の開始日:平成25年8月22日

■不具合の内容
BMW S1000RR 専用後付部品のステアリングダンパーの車体取り付け用ブラケットの材質が不適切なため、使用過程において破断してハンドル操作性が悪化するおそれがある。

■改善の内容
全車両、当該ブラケットを対策品に交換する。

■使用者に周知させるための措置
弊社又は販売店を通じてダイレクトメール等により連絡する。

■対象部品・部品番号・販売期間・対象本数

◎Ohlins R&T ステアリングダンパー

・SD033(2010〜2011モデル用)
平成22年 6月 24日〜平成 25年 2月 20日 22本

・SD038(2012〜2013モデル用)
平成22年 6月 24日〜平成 25年 2月 20日 1本

■問い合わせ先
株式会社カロッツェリアジャパン LC 事業部 2W 営業グループ
TEL 03-5851-1853

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る