[SUZUKI]WEC Oschersleben 8-Hour SERT優勝でシリーズポイントリード!

8月18日、ドイツでおこなわれた世界耐久選手権第3戦 オッシャーズレーベン8時間耐久レースで、SERT(スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム)が優勝、スタートからフィニッシュまでの8時間に渡り圧倒的なトップ走行を披露した。SERTはヴァンサン・フィリップ、アンソニー・デルハールとジュリアン・ダコスタの3ライダーによりGSX-R1000と共に313ラップをマーク、2位のBMW Motorrad Franceに2ラップの大差をつけての圧勝だった。

シリーズポイントでも84ポイントでトップに立つSERTは、今大会313ラップで3位、シリーズポイント71ポイントで現在2位のMonster Energy YARTに対し、リードを13ポイントと広げた。今大会のベストラップはYARTのB・パークスによる1分27秒151、2位争いを展開したがピットストップでのトラブルにより3位となった。

波乱に満ちた展開となったのはJunior Team LMSのGSX-R1000で、スタート直後はSERTに続き2番手を走行、その後もレース中盤まではトップ6をキープした。が、その後の転倒により一時は27番手まで順位を落とし、ピット修理の後再スタート、最後はトップから31ラップ遅れの22番手まで挽回してフィニッシュした。

スズキのスーパーストックトップチームは308ラップを記録したMotors Events April MotoのGSX-R1000で、結果は同ラップのPens 13.com BMWに続く7位。スーパーストックランキングでは現在Motor Eventsが2位、Junior Team LMSが3位、AM Moto Racing Competitionが4位と、スズキGSX-R1000の活躍が目覚ましい。

世界耐久選手権シリーズは、9月21日〜22日、フランスのル・マン24時間耐久で最終戦を迎える。SERTの13回目のシリーズチャンピオン獲得が、いよいよ目前に迫った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る