トライアンフ、「ストリートトリプル ABSモジュール」に関するリコール

トライアンフ・ジャパン株式会社は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

■リコール開始日:平成25年8月20日

【不具合部位 (部品名)】制動装置(ハイドロリックユニット)

【不具合の内容】
ABS(アンチロックブレーキシステム)のハイドロリックユニットにおいて、製造工程が不適切なため、異物が混入しているものがあり、最悪の場合、ABSが適切に作動しないおそれがある。

【改善の内容】
全車両、ハイドロリックユニットを良品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメール及び販売店から電話にて通知する。
・自動車分解整備事業者:対象台数が少数であり、使用者を把握しているので、機関誌等への掲載は行わない。
・対策実施済車には、ステアリングステム部に外−1957 のステッカーを貼付する。

【対象の製品名、部品番号、製作期間、対象数】
トライアンフ LX 「ストリートトリプル」
SMTTTL1166D591986 〜 SMTTTL1166E615372
平成 25年 2月 17日〜平成 25年 7月 4日(計118台)

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

■お問合せ先:トライアンフコール TEL03-6272-4705

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る