ライテク表現のワナ

ライディングスクールでは参加者からいろいろな質問を受けるが、最近その会話の中で気になっている言葉がある。「一気に」という表現だ。先日、コーナリング系のトレーニングをやっているときのこと。あるライダーから「コーナー入口では、バイクを一気に倒し込むんですよね?」という質問に続いて、他の方からも「コーナー手前で一気に減速したいのですが……」などと相談された。

雑誌などを読んでいると、たしかに「一気に」という表現を目にすることがある。アグレッシブで魅力的な響きだ。ただ、その語感が曲者である。
辞書で引くと、「ひと呼吸で」や「すぐに」と意味が出ている。たしかに、倒し込みやブレーキングはダラダラとやるものではないだろう。ただ、「一気に」という語感の中には、「素早く」、「一瞬で」というニュアンスが入り込んでいるような気がする。それをイメージどおり、実際の操作でやってしまうと、ブレーキングで前輪ロックして転んだり、倒し込みでスリップダウンしたり、といった具合にたいそうハイリスクである。

つまり、言葉を額面どおりに受け取ると、間違いを犯す可能性があるということ。私としては、こうしたミスを防ぎたいので、前述の質問に対しては「一気に」ではなく、「一回で」とか「一定に」というように言葉を置き換えることにしている。

ライテクに使われる常套句がいろいろあるが、その言葉が意味するところは何なのか、よく咀嚼してその真意を探ることもまた、スキル向上や安全向上には大事と思う。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る