ドゥカティ、MotoGP後半戦の巻き返しに向けて3戦連戦の緒戦に挑戦

困難な闘いが続くドゥカティ勢。隣州出身のヘイデンは、最後のホームレースとなる可能性があり、昨年転倒により欠場したことから、高いモチベーションで、上位進出を目指す。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンとアンドレア・ドビツィオーソは今週末、後半戦の開幕となる第10戦インディアナポリスGPに挑戦。チームマネージャーのビットリアーノ・グアレスキは、今季初の3連戦の緒戦がシーズンの重要なポイントとなり、好発進を切ることが重要だと説明した。

前戦アメリカGPの際に、ドゥカティからの退団を発表したランク9位のヘイデンは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで初開催となった2008年に2位、ドゥカティ1年目の2009年に3位を獲得したが、昨年は公式予選での転倒により、欠場を強いられた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る