MVアグスタ「F3 800」が10月にデビュー!

MVアグスタから3気筒エンジン搭載のスーパースポーツ「F3 800」が10月より発売される。昨年デビューしたF3 675をベースに排気量を拡大したニューバージョンだ。排気量はリッタークラスのパワーと600ccクラスの俊敏性を兼ね備えるということで、今世界中で人気の高い800ccクラスということになるが、ポイントはボア×ストローク比。F3 675とボアは変えずに、ストロークを45.9mmから54.3mmへと伸ばすことで排気量を798ccに拡大している点に注目したい。

イタリア本国仕様の最高出力は148ps/13000rpm、最大トルクは9.0kg-m/10600rpm を発生する。これはF3 675の128ps/14400rpm、 7.2kg-m/10600rpmと比べても大幅なアップで、特に最大トルクは25%増しの数値となっている。F3 675では高回転高出力を狙いすぎて、低中速域でのトルク感が薄く、発進時や街乗りなど常用域での扱いにくさが指摘されたが、F3 800については電装系の熟成とともにその点も解消されていることが期待される。最終的な日本仕様のスペックがどうなるか、注目したいところだ。 

またF3 675と同様の逆回転クランクも採用され、加速時はリフトを抑えてトラクション性能を向上させ、減速時はエンブレによるピッチングを緩和するというユニークなシステムも健在である。ブレーキもアップグレードされて、サーキットライディングでも最大制動力を発揮できるブレンボ性モノブロック・キャリパーが採用されているとのこと。海外のサーキットテストでは最高速はメーター読みで240km/h、とMoto2マシン並みのポテンシャルを発揮しているというから楽しみだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】MV-AGUSTA、新境地を切り開く3気筒エンジン搭載「F3 800」を10月発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る