「Fun to Ride! Meeting 2013@清水PA」開催レポート

8月11日(日)NEXCO中日本・清水パーキングエリアにて「Fun to Ride! Meeting 2013@清水PA」を開催しました。
イベントでは、リターンライダーやバイク操作に不安を感じているライダーの皆様を中心とした無料の安全講習会や、学生から募集した「未来のバイクデザインコンテスト2013」の表彰式&プレゼンテーション、大展示会・試乗会、ヨーロッパなど海外のバイクライフを紹介するトークショー、中古車を賢く買うためのチェックポイントについてのセミナーなどを行い、ライダーの皆様で賑わいました。

◆Fun to Ride! Meeting 2013
【バイク王 バイクライフ研究所・トークショー】
主任研究員である岸田一郎さんと国井律子さんのトークショーでは、スーツの男性の後ろにワンピースの女性が乗るといった、普段着でおしゃれに楽しむヨーロッパのバイクライフや、4月に行われた当研究所のミーティングでランキングされた「バイクに乗って食べに行きたいイチオシのグルメ&スイーツ」などが紹介されました。

また、最近は30代〜50代でバイクに乗り始める人が増えたが、大人になってからバイクに乗ると無理をしないから長く乗れるのではないかといった考察や、最近はおしゃれなファッションで大型バイクを乗りこなす女性も増えているので、それを見て自分もバイクに乗りたいという女性が増えれば素敵だという今後への期待も語られました。
そして、家族や夫婦、友人同士でバイクに乗る層が増えていることにも触れ、楽しいことは皆で共有して、次世代に安全で楽しいバイクライフを伝承していきたい、という2人の思いが語られました。

◆Fun to Ride! Meeting 2013
【未来のバイクデザインコンテスト2013 表彰式&プレゼン大会】
学生を対象とした「未来のバイクデザインコンテスト2013」は、モータージャーナリスト等で構成される「バイク王 バイクライフ研究所」研究員に加え、機械工学分野の専門家である大学の先生方のご協力を得て実施したものです。
当日の表彰式&プレゼン大会では、最終審査に残った学生4組がプレゼンテーションを行い、審査員として当研究所研究員の河野正士と小倉修(モータージャーナリスト)、日本大学・生産工学部の丸茂喜高准教授 、東京理科大学・工学部講師の林隆三さんが登壇。

大賞には西村和也さん(専門学校新潟国際自動車大学校)、優秀賞には新井盛生さん&尾城旺子さん(上智大学)、森町絵理奈さん(日本大学)、福安結さん(上田安子服飾専門学校)が選出され、賞金、賞状、トロフィーなどが贈られました。

なお、受賞作品は8月19日(バイクの日)までNEXCO中日本・清水パーキングエリアに展示予定です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る