【新製品】HJCからホルへ・ロレンソが愛用する、HJCのハイエンドモデル 「ロレンソ レプリカ」登場

2012年Moto-GPチャンピオン、ホルへ・ロレンソ愛用モデル。RPHA10の優れた基本性能に加え、フレッシュエアを積極的に導入する新設計ロアベンチレーションや、視界のほぼ全てをカバーするワイドタイプPINLOCKシート等の快適機能をプラス。PIMシェルによって軽量かつコンパクトを極めた帽体は、空力特性に優れるだけでなく、理想的な重量バランスを実現。速乾性に優れ、抗菌、防臭効果を合わせ持つシルバークールPlus内装は質感も高く、プレミアムと呼ばれるにふさわしい上質な装着感を得た、HJCヘルメットの最上級モデル。

【機能】
■P.I.M帽体(プレミアム・インテグレーテッド・マトリックス):安全性をにおいて大きな役割を担う帽体には最新のCADテクノロジーを駆使し、カーボンファイバー、アラミド、ファイバーグラスを重ね合わせた3層構造帽体を採用。軽量であることはもちろん、高い衝撃吸収性を実現しました。
■最新のエアロフォルム:トップライダーの実戦開発はもとより、数多くの風洞実験から得られたノウハウを集約。スムーズな気流と低減した空気抵抗により、サーキット走行などの高速域においても抜群の安定性と静粛性を実現しました。
■ACS(アドバンスド・チャネリングベンチレーション・システム):あらゆるポジションにおいて高い吸気効率が得られるトップベンチレーションは、グローブを装着した状態でもスムーズな操作を可能にしました。
後部のアウトレットからは走行風の負圧効果を有効に利用し、帽体内部の熱気や湿気を効果的に排出します。
■2Dフラットレーシングシールド:光学的に優れ、常にクリアな視界を確保するとともに、センターのワンタッチシールドロックシステムを使用することにより、シールドと帽体の気密性を高め、すき間風や雨水の浸入を防止します。気温や湿度といったコンディションに合わせて、付属のワイドタイプピンロックシートの装着が可能です。
■ラピッドファイヤーシステム:一切のツールを使用せず、クイックかつイージーなシールド交換を可能にしました。
■シルバークールPlus内装:速乾性が高く、優れた抗菌・防臭機能を合わせ持ち、「ワンランク上」の高級感漂う柔らかい被り心地が得られます。着脱式で洗濯等のメンテナンスも可能です。

button

関連記事

編集部おすすめ

  1. 暴れ馬を操ってみたくないか・・・? 現代のバイクとはまた違う加速感を味わえるモンスター…
  2. NEXCO東日本 関東支社は、6月2日(土)に開通する東京外環自動車道(三郷南IC~高谷JC…
  3. ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM Moto…
  4. 梅雨なんか怖くない! 今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介し…
ページ上部へ戻る