【MotoGP】HONDAケーシー・ストーナー氏によるMotoGPマシン テストレポート 2日目

ケーシー・ストーナー氏をテストライダーに迎えた、MotoGPワークスマシン「RC213V」の開発テストの2日目が、8月7日(水)に栃木県のツインリンクもてぎにて実施されました。

◆ケーシー・ストーナー氏のコメント
「今日は昨日と違い晴天に恵まれ、とても暑く、おかげさまで、ドライ路面でテストする時間が十分に確保できました。テストは順調に進められ、昨日の遅れは、ほぼリカバーすることができたのではないかと思います。今回は開発メンバーの一部の方としかお会いしていませんが、Hondaがこれまで同様に、私をサポートしてくれたことに感謝いたします。今回9カ月ぶりにマシンに乗り、テストに参加することができて本当によかったのですが、ワイルドカード参戦に関しては、私の望んでいることではなく、気持ちに変化はありません」

◆(株)ホンダ・レーシング 取締役副社長 中本修平のコメント
「この2日間ケーシーにテストしてもらい、多くのデータや開発のヒントを得ることができました。このことで開発スピードを加速させ、今年のタイトル獲得につなげていきたいと考えています。今回はRC213Vのテストに特化しましたが、今後はRC213Vをベースとした『MotoGP市販レーサー(仮称)』のテストに参加してもらい、完成度をさらに高めていきます」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る