【新車】YAMAHA、オン・オフロード最高峰モデル「WR250R」「WR250X」がニューカラーで8月30日より発売

ヤマハ発動機株式会社は、高性能250ccエンジンをアルミ製フレームに搭載したオン・オフロードモデルのヤマハ軽二輪クラス最高峰モデル「WR250R」、及びスーパーモタードの走りが楽しめる「WR250X」のカラー&グラフィックを変更し2013年8月30日より発売します。 

「WR250R」は<Flashy & Sharp>をコンセプトにカラー&グラフィックを変更、2014年モトクロス競技専用モデルYZシリーズと共通イメージの「ディープパープリッシュブルーソリッドE」(ブルー)と、タフさやストリート感を印象づける新色「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)の2色設定です。

「WR250X」は<Mono–tone Street>をコンセプトとし、パワフルでアグレッシブな新色「ローグロスグレー」(グレー)と、「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)の2色設定です。
 ともにガソリンタンク側面のシュラウドまわりの躍動感あるグラフィックが特徴です。また「WR250X」には、フロントフォークエンド部と前後ホイールハブにブラック塗装を施しカスタム感を演出しました。

▼WR250R ディープパープリッシュブルーソリッドE

▼WR250R パープリッシュホワイトソリッド1

■メーカー希望小売価格:701,400円(本体価格668,000円、消費税33,400円)

■発売日:2013年8月30日
■カラー
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/ 新色)
・ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー/新グラフィック、WR250Rのみ)
■原動機種類:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
>> 「WR250R」製品情報はこちら

▼WR250X ローグロスグレー

▼WR250X パープリッシュホワイトソリッド1

■メーカー希望小売価格:732,900円(本体価格698,000円、消費税34,900円)

■発売日:2013年8月30日
■カラー
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/ 新色)
・ローグロスグレー(グレー/新色、WR250Xのみ)
■原動機種類:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
>> 「WR250X」製品情報はこちら

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 進化を続ける伝統モデル Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4…
  2. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 最近ニュースを騒がしている事件と言えば、今…
ページ上部へ戻る