[SUZUKI]WMX Rd.14 デサール完全優勝、ストライボスも総合2位獲得でロックスターエナジースズキがチェコGPを制す!

8月3日〜4日、チェコのロケットで開催された2013FIMモトクロス世界選手権シリーズ第14戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが第1レース、第2レース共に1位獲得の完全優勝、チームメイトのケビン・ストライボスも第1レース2位、第2レース4位と健闘して総合2位となり、第1レースのワンツーフィニッシュと共に、総合でも嬉しいワンツーポディウムとなった。これにより、残すところ3大会を前に、ポイントランキング2位のデサールは3位のK・デダイカー(KTM)からのリードを39ポイントに広げ、トップのA・カイローリ(KTM)には90ポイント差に詰めた。またポイントランキング5位のストライボスは、4位のG・ポーリン(カサワキ)との差を28ポイントに詰めている。

ドイツ国境に近いチェコの、ロケットの会場は夏本番の暑さにもかかわらず、2万2千人の観客を動員。リニューアルされたコースは起伏に富んで全体に幅が狭く、テクニカルなギャップも多く、ライダーにとっては優位なライン取りやパスのポイントの見極めが難しい。前日予選2位のデサール、予選4位のストライボス共に、集中してコースの攻略に取り組んだ。

下り坂のストレートから第1コーナーへと続くスタートも新しいレイアウトだったが、決勝では両ライダーともに完璧なスタートを決めた。第1レース、ホールショットを披露したのはストライボス。だがオープニングラップでデサールがトップに立つと、2位のストライボスに約20秒もの大差のリードをつけ、フィニッシュまで独走状態となった。第2レースでもデサールの勢いは止まらず、ファクトリーマシンRM-Z450WSと共にスタートからトップを快走、圧倒的なスピートと危なげないスムーズな走りで完全優勝を手にした。

デサールは2009年以来ロケットでは5年連続で表彰台に上がっており、さらに1年おきに優勝を遂げている。今シーズンでは11回目を数えるシャンパンファイトと共に、チームは開幕戦カタール以来2回目の総合優勝を祝った。

第1レースで2位を獲得したストライボスは、第2レースでは我慢強い追い上げを強いられる展開となったが、レース終盤に前を走るデダイカーを捉え、さらにとラストラップでT・サール(カワサキ)をパスして4位フィニッシュを遂げたことで総合2位を獲得、自身の今季3度目となるポディウム登壇を果たした。

北ヨーロッパラウンドを含めこの6週間の間に5レースを消化したロックスターエナジースズキは、いよいよ次戦、地元のベルギーGPに挑む。第15戦は8月18日、ロンメルのバストーニュで開催される。そして2013FIMモトクロス世界選権シリーズは、いよいよ第16戦イギリス、最終戦オランダを残すのみとなっている。

◆クレメン・デサール
第1レース/1位 第2レース/1位 総合1位

「最高のレースができてとても嬉しい。思い通りのライン取りができ、ラップタイムも出て、両レースとも2位に差をつけた単独勝利ができた。2位を大きく引き離せたことで走りにもゆとりが出たし、最後まで走りを上手くコントロールして、自分の良さを存分に発揮できたレースだった。いつものようにベストを尽くすと決めてスタートラインについたが、余計なプレッシャーもなく、これまでいつも2位や3位だったので、今日は完全優勝できて本当に嬉しい。」

◆ケビン・ストライボス
第1レース/2位 第2レース/4位 総合2位

「嬉しい週末だった。第1レースはスタートから上手く出て、2番手から一時は3番手になったが、粘ってケン(デダイカー)について行き、パスして2位になったのは満足だった。第2レースもこの調子でと思い、でもスタートで少しだけ躊躇して、スターティングゲートのタイミングをミスしたせいでロスがあり、思うように前に出られなかった。焦らず落ち着いて行かなくてはと思い、まずはケンをパスして、最後にトミーをパスした。チームで総合ワンツー獲得できたことは本当に嬉しいし、頑張ってくれたチームの皆に感謝したい。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る