[HONDA]MotoGP ケーシー・ストーナー氏によるMotoGPマシン テストレポート 1日目

Hondaは、ケーシー・ストーナー氏をテストライダーに迎えた、MotoGPワークスマシン「RC213V」の開発テストを、8月6日(火)、栃木県のツインリンクもてぎにて実施しました。

世界最高峰の2輪ロードレースのMotoGPにおいて、2度のタイトルを獲得し、2012年末に引退したあとは、4輪のレース活動を開始したケーシー・ストーナー氏を、Hondaはロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中のワークスマシン「RC213V」の開発のためのテストライダーに採用しました。ストーナー氏は、ツインリンクもてぎにおけるサーキットテストに、2013年は4回参加する予定です。

曇り空の中、2012年11月のMotoGP最終戦バレンシアGP以来、久しぶりにRC213Vに乗車するストーナー氏は、ブランクを感じさせない迫力ある走りで6周を走行。この時点で、激しい雨によりテストは一時中断。そのあとも路面状況は改善せず、初日のテストは終了となりました。

◆ケーシー・ストーナー氏のコメント
「今日は、残念ながら雨が降り出す前のほんの数周しか走ることができませんでしたが、RC213Vに再び乗れてうれしかったです。私にとって、実に9カ月ぶりのライディングでしたので、すべてを思い出すのに少し時間がかかりました。路面やマシンのフィーリングはよかったので、明日はより有益なテストとなるよう、ドライな路面で走り込みができることを願っています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る