箱根の事故について

大型バイクによる悲惨な事故が後を絶ちません。
7月20日(土)の午前8時15分頃、箱根ロープウェイ桃源台駅付近の県道75号で 42歳男性が運転する大型自動二輪車がスピード超過によってセンターラインをオーバーランし、対向車線を走行する大型バスに衝突、死亡したという事故。原因は「手前の直線路で前を走行する2台の乗用車に外側から追い越しをかけた」と伝えられています。

箱根町での本年1月から6月末までの町内事故発生件数は64件で、その内12件(全体の18%)が二輪車の関係する事故とのこと。事故現場周辺はホテルや観光船発着場もあり、土日は人出も多く賑わう観光地です。
公道で生死を分けるのは運転テクニックではなく、状況判断や危険を見抜く力です。渋滞で混雑する道や、サンデードライバーの運転にイラ立つ気持ちも理解できなくもないですが、どうか皆様には大人のライダーとして冷静に余裕ある運転を心掛けていただければと思います。

「出かける前の家族との会話が、最後とならないように!」という同町のメッセージからも悲痛な思いが伝わってきます。

夏休みも近いですが、いま一度、皆様にとってバイクに乗ることの意味を問い直してみていただければ幸いです。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
箱根町より事故発生のお知らせ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る