箱根の事故について

大型バイクによる悲惨な事故が後を絶ちません。
7月20日(土)の午前8時15分頃、箱根ロープウェイ桃源台駅付近の県道75号で 42歳男性が運転する大型自動二輪車がスピード超過によってセンターラインをオーバーランし、対向車線を走行する大型バスに衝突、死亡したという事故。原因は「手前の直線路で前を走行する2台の乗用車に外側から追い越しをかけた」と伝えられています。

箱根町での本年1月から6月末までの町内事故発生件数は64件で、その内12件(全体の18%)が二輪車の関係する事故とのこと。事故現場周辺はホテルや観光船発着場もあり、土日は人出も多く賑わう観光地です。
公道で生死を分けるのは運転テクニックではなく、状況判断や危険を見抜く力です。渋滞で混雑する道や、サンデードライバーの運転にイラ立つ気持ちも理解できなくもないですが、どうか皆様には大人のライダーとして冷静に余裕ある運転を心掛けていただければと思います。

「出かける前の家族との会話が、最後とならないように!」という同町のメッセージからも悲痛な思いが伝わってきます。

夏休みも近いですが、いま一度、皆様にとってバイクに乗ることの意味を問い直してみていただければ幸いです。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
箱根町より事故発生のお知らせ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る