JRR Rd.5 J-GP2 野左根航汰が混戦を制し今季初優勝を飾る!

全日本ロードレース第5戦、最後は、野左根航汰と生形秀之のトップ争いとなったJ-GP2クラス。チャンスを伺っていた生形は、最終ラップにもS字コーナーの進入、V字コーナーの進入で野左根に並びかけるが、野左根も必死に抑え、トップでチェッカー。今シーズン初優勝を飾った。

生形は、悔しい2位となったが、単独でポイントリーダーに躍り出た。3位に高橋英倫が入り、以下、井筒仁康、浦本修充、関口太郎、デチャ・クライサー、岩田悟、長島哲太、大木崇行と続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スマホの画面が傷つかないように、保護フィルムを貼るのはもはや常識ですよね。 よくよく考えて…
  2. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  3. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  4. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
ページ上部へ戻る