JRR Rd.5 J-GP2 野左根航汰が混戦を制し今季初優勝を飾る!

全日本ロードレース第5戦、最後は、野左根航汰と生形秀之のトップ争いとなったJ-GP2クラス。チャンスを伺っていた生形は、最終ラップにもS字コーナーの進入、V字コーナーの進入で野左根に並びかけるが、野左根も必死に抑え、トップでチェッカー。今シーズン初優勝を飾った。

生形は、悔しい2位となったが、単独でポイントリーダーに躍り出た。3位に高橋英倫が入り、以下、井筒仁康、浦本修充、関口太郎、デチャ・クライサー、岩田悟、長島哲太、大木崇行と続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る