【新製品】グランツァーから多機能のマルチタンクバッグが登場!

タンク/シート/サイドバッグと1個で3通りの使い方が出来る多機能バッグです。
カラフルな3色展開で、装着時のドレスアップにも一役かいます。
容量も通常7.5Lから大容量11Lに調整が可能ですので、通勤・ミニツーリングから「旅」まで用途に合わせて調整出来ます。
マップポケットには昭文社ツーリングマップルやiPadなどのモバイル収納に便利です。

マイクホールも付いているので、有線イヤホンをつなげる事も出来ます。通常、タンクバックといえばタンクに載せて積載性を得ることが目的ですが、この「マルチタンクバッグ」はタンク、シート、キャリア、さらに2つ利用してサイドバックとしてマルチな積載を可能にした新発想のオートバイ用バッグです。
ツーリング先にて積載手法の変更が必要となった場合にマルチに対応します。

・フラップ裏にマグネットを4個装備。鉄製タンクに装着が可能です。
・樹脂、アルミタンクでも付属のナイロンベルトを併用して装着が可能です。
・約7.5Lから約11Lに、容量アッップ可能。調整はファスナーをぐるっと開け閉めするだけの簡単設計。
・シートバッグとして使用する時は、付属のナイロンベルトを併用して固定して下さい。シート幅が狭い車両はフラップを開く事で、滑り防止に役立ちます。
・サイドバッグとして使用する際は同バッグを2個使います。
・キャリア装着車でキャリアに装着したい時はフラップ部に収納しているサブフラップを引き出しぐるっと巻きつけて装着出来ます。
・小銭や鍵など頻繁な出し入れに便利なミニポケット。
・ハイウェイチケットなど収納に便利なクリアーポケットと、グローブの一時固定などに使えるスピンドルコード。
・フラップ部に収納されているサブフラップを引き出し2個のバッグを連結。
付属のナイロンバンドで固定すればサイドバッグの完成です。
・正面のモバイル&マップポケットは昭文社ツーリングマップルに対応。
・ナビゲーションのイヤホンなどを通す事が可能なコードホール。
・出し入れが容易な大型のコインポケット。
・グローブ等を一時的に固定可能なスピンドル付コード。
・Apple社iPadにも対応しています。
・ダブルアジャスターと付属のナイロンベルトの組合わせで多彩な積載手法を実現可能に。

button

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る