BMWがスーパーバイク世界選手権から撤退!

1000RRでスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦中のBMWが今年限りで徹底を表明した。
以下、「レスポンス」より。

『世界最高峰の二輪レースのひとつ、「スーパーバイク世界選手権」。同レースから、BMWが撤退することが判明した。これは7月24日、BMWの二輪部門、BMWモトラッドが明らかにしたもの。同社は、「2013年シーズンをもって、スーパーバイク世界選手権へのワークス体制での参戦を終了する」と発表している。
BMWは2009年、スーパーバイク世界選手権へのワークス体制での参戦を開始。BMW『S 1000 RR』を擁し、これまでに11レースで優勝。33のレースで入賞という輝かしい戦績を残した。2012年は最終レースまで、製造者とライダーの両部門でトップに立っていた。
BMWモトラッドのゼネラルディレクター、ステファン・シラー氏は、「これはブランド再構築の一環。BMWモトラッドは今後、排気量500cc以上の商品ラインナップを拡大しつつ、ブラジルやアジアなどの新興市場で、500cc以下の商品も強化していく」とコメント。
BMWは5年で、スーパーバイク世界選手権へのワークス体制での参戦を終了。これでスーパーバイク世界選手権へのワークス体制でのエントリーは、スズキ、カワサキ、アプリリア、ドゥカティ、ホンダの5社となる。』

先日、行われたロシア大会でも、決勝レース第1ヒートでM・メランドリが優秀、C・デービスが2位につけるなど好調ぶりを発揮していたBMWだけに今回のニュースはファンならずとも残念だ。BMWのSBK部門は昨年末から体制を縮小するなど、撤退に向けての動きはあった。ちなみにメーカーの“顔”である高性能スーパーバイクは、イメージアップ戦略には必須だが、商売としては「儲けの少ない」商品という話をあるメーカー担当者から聞いたことがある。それが今回の話に直接つながるかは分からないが、同ゼネラルディレクターの話にあるように、BMWモトラッドとしては、現在著しい伸びを見せるアジアや南米市場へ向けた500CC以下セグメントの開発や、将来を見据えたEV分野への積極投資を加速させていくようだ。ただ、今後もモータースポーツへの関与は続けていく意向を示しているので、SBKや他のカテゴリへーで再びファクトリーチームの活躍が見られる日がくることを期待しよう。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
BMW モトラッド、スーパーバイク世界選手権から撤退を発表…ワークス参戦を終了へ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る