【新車】SUZUKI、4ストローク449cm3モトクロッサー「RM-Z450」をマイナーチェンジして発売

スズキ株式会社は4ストローク449cm3モトクロッサー「RM-Z450」をモデルチェンジして、2014年1月10日より発売する。

◆主な特長
・ピストンは、軽量化と形状変更により、スロットルレスポンスを向上
・ピストンピンの表面処理にDLC(Diamond-Like Carbon)を採用し、メカロスの低減
・耐久性を向上
・フレームと前後サスペンションの変更により、軽快なハンドリングと高い走破性を実現
・フロントフォークには、ショーワ製SFF(Separated Function Fork)を採用し、軽量化と 高い吸収性もたらしている

▼RM-Z450 チャンピオンイエローNo.2/ソリッドブラック

◆主な変更点
・ECMの変更による始動性の向上
・サイドゼッケンプレートの色変更(白→黄色)
・ シェラウドデカールの変更
主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

■発売日
2014年1月10日

■希望小売価格
メーカー希望小売価格¥871,500(消費税抜き¥830,000)
※記載の価格はすべて参考価格です。販売価格は各販売店が独自に定めていますので、詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。
RM-Z450は公道走行ならびに登録はできません。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  2. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  3. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  4. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
ページ上部へ戻る