【新車】SUZUKI、4ストローク249cm3モトクロッサー「RM-Z250」をマイナーチェンジして発売

スズキ株式会社は4ストローク249cm3モトクロッサー「RM-Z250」をマイナーチェンジして2014年1月10日より発売する。

◆主な特長
・ピストン裏面の片側にリブを配置することで、潤滑性を確保しながら強度アップ及び軽量化を実現
・ラジエーターは配管変更による左右流量バランスの見直しと総流量アップによって安定した冷却性能を実現
・5速トランスミッションは、滑らかで確実なシフトフィーリングを実現
・フロントフォークには、ショーワ製SFF(Separated Function Fork)を採用し、軽量化と高い吸収性をもたらしている

▼RM-Z250 チャンピオンイエローNo.2/ソリッドブラック

◆主な変更点
・ECMの変更による始動性の向上
・サイドゼッケンプレートの色変更(白→黄色)
・シェラウドデカールの変更
主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

■発売日:
2014年1月10日

■メーカー希望小売価格
¥724,500(消費税抜き¥690,000)

※記載の価格はすべて参考価格です。販売価格は各販売店が独自に定めていますので、詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。
※RM-Z250は公道走行ならびに登録はできません。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る