【新車】KAWASAKI、2014年モデル「W800」「W800 Special Edition」を9月1日発売

◆W800
ヴィンテージバイクの持つ美しさとライディングフィールを徹底的に追求したW800。 「W」を象徴する空冷SOHC4バルブ排気量773cm3のバーチカルツインエンジンはバフ研磨にクリアコート、随所にクロームメッキが施され、シンプルなダブルクレードルフレームと大径ホイールとの組み合わせが、オーセンティックでクラシカルな美しさを実現しています。 美しい造形のフューエルタンクには、新にエボニーとメタリックマグネシウムグレーのカラーリングをラインナップ。 クロームメッキ仕上げのタンクエンブレムが、いっそうの上質感を加えています。
また、やや低めに設定されたハンドル位置やシート形状は人間工学に基づいて設計され、自然で快適なライディングポジションを実現。
メーターパネルはクラシックな二眼タイプとしながら、メーター内の液晶スクリーンにオドメーター、トリップメーター、時計を表示し、インジケーターランプもメーター内にすっきりと収められています。
その他、好みの位置を簡単に調整可能なクラッチレバー、ブレーキレバーや、メンテナンス時に便利なセンタースタンドを装備。 ヘルメットロックはアクセス性のよいサイドカバー後ろに加え、シート下にもワイヤー式のロックを採用しています。
また、シート下にはU字ロックやETC車載器本体を搭載するスペースを設けるなど、日常の使い勝手にも考慮しています。

■2013年モデルからの変更点
・ カラー&グラフィックの変更

▼W800 パールクリスタルホワイト

▼W800 メタリックノクターンブルー

■発売予定日2013年9月1日
■メーカー希望小売価格 850,500円(本体価格810,000円、消費税40,500円)

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

◆W800 Special Edition
ヴィンテージバイクの持つ美しさとライディングフィールを徹底的に追求したW800。 スタンダードとは一味違った雰囲気を醸し出すSpecial Editionとして、エボニーにキャンディバーントオレンジのラインを入れた車体カラーを採用しています。
「W」を象徴する空冷SOHC4バルブ排気量773cm3のバーチカルツインエンジンは車体カラーに合わせたブラック塗装。
また、美しい造形のフューエルタンク、スチール製のサイドカバーには、オレンジラインが貼付され、ホイールのリムにはフューエルタンクのカラーリングに合わせオレンジ色のピンストライプを施しました。
さらに、専用シートを設定しオレンジのパイピングやタックロールの入れ方をこだわり、クロームメッキ仕上げのタンクエンブレムが、いっそうの上質感を加えています。 やや低めに設定されたハンドル位置やシート形状は人間工学に基づいて設計され、自然で快適なライディングポジションを実現。 メーターパネルはクラシックな二眼タイプとしながら、メーター内の液晶スクリーンにオドメーター、トリップメーター、時計を表示し、インジケーターランプもメーター内にすっきりと収められています。
その他、好みの位置を簡単に調整可能なクラッチレバー、ブレーキレバーや、メンテナンス時に便利なセンタースタンドを装備。
ヘルメットロックはアクセス性のよいサイドカバー後ろに加え、シート下にもワイヤー式のロックを採用しています。 また、シート下にはU字ロックやETC車載器本体を搭載するスペースを設けるなど、日常の使い勝手にも考慮しています。

■2013年モデルからの変更点
・ カラー&グラフィック、シートデザインの変更

▼W800 Special Edition エボニー

■発売予定日2013年9月1日
■メーカー希望小売価格 メーカー希望小売価格 880,950円(本体価格839,000円、消費税41,950円)

※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る