[KTM]AMA-MX Rd.9 スプリングクリーク 不運に見舞われながらも KTMライダーが表彰台を獲得

ミネソタ州ミルビルで開催された『2013AMAモトクロス/第9戦スプリングクリーク』。Red Bull KTMファクトリーチームから450MXクラスに参戦した#1/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は第1モトで不運なアクシデントをリカバリーし5位。第2モトでは勝利し総合3位。。。250MXクラスに参戦した#94/Ken Roczen(ケン=ロクツェン)は第1モトで転倒DNFとなりながら第2モトで勝利し総合9位。#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)は4-4の総合2位となりました。

■450MXクラス
第 1 モト。ダンジーは好スタートを切り 3 位を走行。しかしレース中盤、フープス走行中にスプロケットに石が絡まりチェーンがロック。その後、自力でリカバリーしましたが約 20 秒のロス、10 位でコースに復帰します。そこから猛烈にプッシュしたダンジーは、5 位に順位を上げフィニッシュしました。

そして第2モト。ここでも好スタートを切ったダンジー。すぐにトップを走るJ・スチュワート(スズキ)とバトルを開始します。それから2人は何度も順位を入れ替える激しい争いを繰り広げ、最終的にはダンジーが3秒差を付けトップでゴール。5-1で総合3位を獲得。
ポイントスタンディングスでも、首位を行くR・ビロポート(カワサキ)との差をつめることに成功しました。

■250MXクラス
第 1 モト。ロクツェンとムスキャンは好スタートを決め、ロクツェンは早々に 3位に浮上しました。そしてトップを走る W・ハーン(ホンダ)にアタック。しかしそれまでとは異なるラインを使ってパスを試みたときバランスを崩して激しく転倒。地面にカラダを叩きつけられた影響で呼吸困難に陥りました。
その後マシンに跨り再スタートしましたが、ロクツェンはピットに戻り、このモトをリタイヤしました。

一方ムスキャンは終盤に 1 つ順位を落とし、4 位でフィニッシュしました。迎えた第 2 モト。ムスキャンは 4 位、ロクツェンは 6 位でスタート。数周、チームメイト同士でバトルを展開しましたがロクツェンが抜け出し、首位を行くB・バジェット(カワサキ)を追いかけます。そしてロクツェンがバジェットを交わし首位に立ったとき、E・トマック(ホンダ)が追い上げてきました。

しかしロクツェンは腕上がりを起こし思うようにペースが上げられず、最終的にはトマックにかわされ 2 位でフィニッシュ。ムスキャンは 4 位でレースを終えました。その結果、総合でムスキャン 2 位、ロクツェン 9 位という結果になりました。

次戦/第10戦は、8月10日(土)にニューヨーク州ニューバーリン/ユナディラで開催されます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、福岡県にある正規販売店「トライアンフ福岡」を1…
  2. エレガントなスタイリング&優れた動力性能 スズキは、エレガントなスタイリングと快適性、充実…
  3. 2018年10月19日(金)開催の「2018 FIM MotoGP(TM) 世界選手権シリー…
  4. スズキは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とする125ccのストリートスポー…
ページ上部へ戻る