[SUZUKI]WMX Rd.13 デサールが第1レース優勝で総合2位獲得、今季10度目のポディウム登壇

7月27日〜28日、ドイツのラウジツリングで開催された2013FIMモトクロス世界選権シリーズ第13戦、ロックスターエナジースズキのクレメン・デサールが第1レースで優勝、続く第2レースは2位となり、ファクトリーマシンRM-Z450WSと共に今季3度目の総合2位を獲得した。ポディウム登壇回数も今季これで10度目をマーク、第1レースでG・ポーリン(カサワキ)がクラッシュから第2レースをDNSとした事もあり、デサールはポイントランキングにおいても2位へと浮上、ランキング3位のK・デダイカー(KTM)に24ポイントをリードしている。

ラウジツリングのモトクロスコースは、12万人収容を誇るロードレースサーキットの一角に今大会用として整備され、全体にサンド質で荒れた路面が特徴。気温35度にも届こうかという厳しい暑さにもかかわらず、決勝日の特設コースには1万6000人のファンが詰めかけた。7週間後にトイッツェンタールでのモトクロス・オブ・ネイションズ開催を控え、ドイツのモトクロス熱はすでに充分盛り上がっている。一方でライダー達は、コース幅が広く豊富なライン取りが可能な反面ギャップの連続するテクニカルコースの攻略に取り組んだ。

この日のデサールは、決勝2レース共にスタートから好調だった。第1レース、トップを走行中のポーリンが激しいクラッシュでトップバトルから離脱、代わってトップに出たデサールは安定した走りで2番手のA・カイローリ(KTM)を最後まで寄せつけず、今季3度目となる1位フィニッシュを果たした。第2レースではカイローリに続く2位で、計47ポイント獲得はカイローリと同数だが、同ポイントの場合に第2レースの順位が優先されるためデサールは総合2位となった。

チームメイトのケビン・ストライボスは第1レース、第2レース共に5位フィニッシュで総合5位。ポイントランキングでもT・サール(カワサキ)を押さえて5位をキープしている。第2レースでスタートをミスしたストライボスは、後方13番手からの猛烈な追い上げを披露、ラップを重ねるごとに着実に順位を上げながらの5位フィニッシュを果たして好調をアピール。鮮やかなライン取りとハイペースのリズムに乗ったストライボスが、今季再びポディウムに上がる姿が期待される。

次戦第14戦は8月4日、チェコのロケットで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※参考画像 ■リコール対策届出日 平成30年1月23日 ■リコール対策届出番号 …
  2. DUCATI MONSTER821 2016 年式 (821 cc)オーナー:shunさ…
  3. ユーザー:麺屋家元さん 車種名:KAWASAKI Dトラッカー125 期間:2018…
  4. スズキ株式会社は、650cc Vツインエンジンのロードスポーツバイク「SV650 ABS」を…
ページ上部へ戻る