【鈴鹿8耐】[YAMAHA]7月28日(日) 決勝レース レポート

2013 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会。
今年の8耐を制したのは、3番グリッドスタートから、序盤・中盤のバトルを制し、さらに残り30分をきった時点で降り出した雨による路面の変化にも、冷静に対応した#634/MuSASHi RTハルク・プロ(ホンダ)が周回数214周で優勝しました。

金曜日の公式予選、土曜日のTOP10トライアル共にトップタイムをたたき出し、2年連続のポールポジションを獲得した#7/MONSTER ENERGY YAMAHA -YARTは、スタートライダーを務めたブロック・パークス選手、そして中須賀選手、ジョシュ・ウォーターズ選手のアグレッシブな走りで順位を入れ替えながらも上位集団の中でレースを展開していきます。
レース中盤の99LAP目で油圧センサートラブルの為、ピットでの修復により順位を11位まで下げるも、その後は冷静な走りで着実に順位を上げ最終8位でフィニッシュしました。
そして、10番グリッドからスタートした#94/YAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBEは、オープニングラップを9位で通過。耐久レースのプロチームらしい終始安定した走りで確実に順位を上げていき、最終5位でフィニッシュしました。

MONSTER ENERGY YAMAHA -YARTは中須賀選手の宣言通り、8時間を走りぬき、YAMAHA FRANCE GMT94 MICHELIN YAMALUBEは、昨年同様の安定した走りを見せてくれました。

2位には#12/ヨシムラスズキレーシングチーム(スズキ)が、3位には、今大会最大の注目を集めた、ケビン・シュワンツ選手擁する#071/TeamKAGAYAMA(スズキ)が獲得しました。

決勝レース終了後のコメント
◆GMT94 マチュー・ラグリーブ選手
去年、手と足に大きなケガを負っていて、まだ少し痛みがあるんだ。しかも今年は事前テストに参加できず、レースウィークに入ってからも20周しか走れないまま決勝を迎えた。それでも、周回を重ねるたびにラップタイムは良くなっていったし、納得のいくライディングができたからよかったよ。鈴鹿8耐はいつも本当に素晴らしいレースだね。ここで走ることは、僕にとって夢のような経験なんだ。また来年も挑戦したいね!

◆GMT94 ケニー・フォレ選手
鈴鹿8耐は本当に難しくタフなレース。その中での5位はとても素晴らしいリザルトだと思ってる。マシンの状態はベストではなく、ちょっとハンドリングに問題があったんだ。でも、僕たちはヤマハの中でのトップリザルトになれたからね。満足してるよ

◆GMT94 デビット・チェカ選手
昨日を終えた時には、『決勝は3〜6位かな』と予想していたんだ。日本のチームがとても速くて、タフなレースになりそうだったからね。結果はその通りの5位。去年の3位に比べればもちろん残念だけど、#1のスズキといいバトルができて、楽しかったよ。僕たちがコンスタントに速さを発揮する強いチームだということも証明できたと思う。世界耐久選手権のことを考えれば、このポイントはとても大きいよ。

◆GMT94 クリストフ・グィオ監督
何よりも完走できたことがうれしい。いろいろな歯車がうまく噛み合って、ヤマハのトップリザルトを獲得できた。日本や世界のヤマハファンに、いいレースをお見せできたと思う。表彰台を獲得できた去年に比べれば、ポジション自体は落ちてしまったけど、相変わらず高いレベルで戦えるというチーム力を示せた。来年はまた耐久チームらしい走りで、上位を狙いたいね。

◆YART ジョシュ・ウォーターズ選手
最高のチームで、最高のチームメイトやスタッフたちと一緒に、いい仕事ができたと思う。結果がついて来なかったのは残念だけど、これもレースさ。僕は最後のスティントを走ったので、雨に降られた時は参ったよ。すごく緊張した。実はチェッカーにも気付かないぐらい走りに集中していて、まわりがペースを落としてレースが終わったことが分かったんだ(笑)。僕にとってとてもいい経験になった今回の8耐を、次に生かしたい。

◆YART ブロック・パークス選手
レースウィークを通していい感じで進んでいたが、決勝ではマイナートラブルに見舞われてしまった。確実に3位は獲れる力があったと思うから、とても残念だよ。でも、鈴鹿8耐は本当にタフなレースだから完走できたことを素直に喜びたい。僕自身としては、スターティングライダーの大変さが分かったことが収穫かな(笑)。……もちろん本音を言えば表彰台に立ちたかった。来年もぜひ鈴鹿8耐に参戦して、雪辱を果たしたいね。

◆YART 中須賀 克行選手
本当に厳しい戦いでした。単独で走るとどうしても燃費が悪くなってしまうので、ジョシュやブロックはTeam KAGAYAMAの後について燃費を稼ぐ走りに徹していました。結局、マシントラブルで順位を下げてしまったけど、トラブルはどこのチームにも訪れるもの。今回はたまたま僕たちのチームが見舞われただけで、これは仕方がありません。ライダーは全員、現状の中で最大限の力を発揮してベストを尽くしたけど、結果を出すことはできませんでした。これが鈴鹿8耐。甘くはないですね。

◆YART マンディ・カインツ監督
カツ(中須賀選手)は素晴らしいレース運びをしてくれたね。すべてを冷静にコントロールしながら、いい走りを見せた。ブロック(パークス選手)もジョシュ(ウォーターズ選手)も、しっかりとそれぞれの役割を果たしてくれた。ただ、エンジンにマイナートラブルが出てしまった。とても残念だが、レースではこういうことも起こり得る。世界耐久選手権のことを考えれば、いい結果と言えるしね。来年はより念入りな準備をして、万全の態勢で臨むつもりだ。

【関連ニュース】
【鈴鹿8耐】ヤマハチームはGMT94が5位、中須賀率いるYAMAHA-YARTは8位でチェッカー
【鈴鹿8耐】ヤマハライダーへの熱いご声援ありがとうございました!

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る