【MotoGP】 HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.100

マルケスが2連勝を飾り、新記録を樹立

2013年シーズンの折り返し地点、そして前半戦の締めくくりとなるアメリカGP。カリフォルニア州モントレーの内陸部にあるマツダ・レースウェイ・ラグナセカで、今年もドラマチックなレースが繰り広げられました。前戦で優勝して年間ランキング首位に立ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)にとっては、初めて走行するサーキットです。

MotoGPクラスへのすばらしい順応をみせてきたマルケスが、難易度の高いこのコースをいったいどのように攻略するのか、レース前から大きな関心を集めました。マルケスは持ち前の学習能力の高さを遺憾なく発揮し、日曜の決勝レースで優勝。またもやすばらしい才能を世界中に大きくアピールする結果になりました。また、前戦は負傷により決勝の走行をやむなく断念したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は5位で完走し、貴重なポイントを加算しました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る