[DUNLOP]ARRC Rd.3 玉田選手がアジア選手権初優勝!

アジアロードレース選手権第3戦は、7月12日から14日にインドのマドラス・モーターレース・トラックで開催された。2011年以来2年ぶりとなるインドでの開催。サーキットには新たなピットレーンやタイヤウオールが設置され、コーナーも修正する大規模な改修が実施されていた。予選ではカマルザマン選手(ホンダ)がポールポジション、チームメートの玉田選手が2番手を獲得しレースに臨んだ。

Race1
玉田選手はスタートでやや出遅れるが、3周目にはトップに立つ。そこから2番手のカマルザマン選手とチームメート同士のバトルへ。5週目には、カマルザマン選手がトップを奪い返し、2番手玉田選手、3番手ババ選手(ヤマハ)がトップグループを形成する。レース中盤からババ選手が後退、玉田選手とカマルザマン選手のマッチレースになっていく。ファイナルラップまで続いた2人のバトルは、最後に玉田選手が制してトップチェッカー。アジアロードレース選手権初優勝を飾った。5位に小山選手(ホンダ)、6位に伊藤選手(ヤマハ)、7位に小林選手(ホンダ)、藤原選手(カワサキ)は9位でレース1を終えている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る