[Repsol]MotoGP Rd.9 マルケスがラグナセカのGPを制覇。ペドロサは健闘して5位

モトGPリーダーのマルケスはアメリカGPの勝利で新しい記録を打ち立てた。ペドロサは痛みに耐えながら5位でレースを終えた。

彼の戦績に加えられた前回の勝利によって、マルク・マルケスの驚くべきモトGPルーキーシーズンの勢いは続いていた。2013年9戦目のアメリカGPでやってのけた。彼は2連勝で3勝目をあげ、トリッキーなラグナセカで優勝した最初の新人になった。チームメイトのダニ・ペドロサは先週にあった左鎖骨骨折の痛みを抑え、5位でレースを終えた。

マルケスの勝利は歴史に残る2つの新記録となった。彼はラグナセカで最初の新人勝利であり、かつ1983年南アフリカとフランスGPのフレディ・スペンサーの記録を破り、最高峰クラスで最も若い2連勝になった。マルケスはサーキットのトレードマークであるコークスクリューの下るシケインの頂上で4周目にバレンティーノ・ロッシを、最終的に19周目にブラドルを抜き、見事なレースをした。

ダニ・ペドロサはもっと難しいレースになった。7番グリッドからスタートし、ラインを外れたポジションだった。ホルヘ・ロレンソの後ろにつき、12周目にライバルである彼を抜いた。ペドロサは表彰台をかけてロッシやアルバロ・バウティスタに挑戦するには遅すぎたが、5位を獲得し、タイトル挑戦を維持した。

シリーズは中間点にたどり着き、総合順位のトップにはマルケスとペドロサがそれぞれ163/147ポイントで位置している。彼らの後ろには137ポイントのロレンソがいる。

◆ダニ・ペドロサ
5th at 9.257 sec.
まず初めにこの数日間僕をサポートしてくれたみんなに感謝したい。このレースはポイントを獲得するのにとても重要なレースだった。コンディションがとても難しかったから、このレースに参戦しないことも真剣に考えていた。それで5位を獲得できたことは本当にうれしく思う。表彰台に近づいたけど、ファイナルラップでそれはとても難しいと判断した。週末を通して痛みがすごくあったけど、レースでは良く耐えたと思う。少なくともハンドルバーを握り、バイクをコントロールできた。バイクをもっとたくさん動かしていたら厳しかっただろうし、長いレースは難しかっただろう。最終的に11ポイントは選手権争いにとってとても重要だよ。

◆マルク・マルケス
1st – 44:00.695
初めて訪れたラグナセカで勝てるとは思っていなかったからとてもうれしい。こんなにトリッキーなサーキットにこんなに早くなじむとは思っていなかったけど、練習走行初日からとても快適に感じ、早くにベストラインを見つけた。今日は満タンでミスをしやすくなるスタートには少し気をつけたけど、タイヤの温度が上がってきて練習走行のペースを維持できた。2008年にバレンティーノがケーシーを抜いた時と似たような場所で彼を抜いた。だけど彼はもっと豪華に見せる人だから、同じような抜き方でも少し違っていた。その後、何周かステファンの後ろで彼の走りを研究し抜くことができた。それからは充分なマージンでレースに勝つために差を広げようとした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る