「電動」が面白いと思う今日この頃

ヒューンというかすかなモーター音に気付いて振り返ると、子供を載せた若いお母さんが運転する日産「リーフ」が、まるで“空気”のように通り過ぎていきました。電気自動車。昔みた未来の光景が今そこにあることに気付き、ちょっと感動してしまいました。EVが日常になりつつあるのでしょうか。

そういえば、Hondaが超小型EV「マイクロコミュータープロトタイプβ」を使った社会実験を今秋から埼玉県さいたま市と共同で開始するというニュースが伝えられました。これは主に都市部での移動に関するさまざまな課題を解決するための超小型モビリティーの使い方やニーズを探るのが狙いで、高齢者に対する近距離での日常的な移動支援や通勤や業務などを目的としたカーシェアリング、子育て層での利便性など、さまざまな用途での可能性を検証していくそうです。

テスト車両は2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルの進化版で、2名乗車タイプですが、これがなかなかイケてるデザインでカッコいい。バッテリーやモーター、コントローラーなどを床下およびリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトに完結させているため、これをプラットフォームとして、いろいろなバリエーションモデルを簡単に開発できるそうです。欧州の一部ではすでに超小型モビリティーが実用化されていますし、日本でも国土交通省主導で新たな規格の導入が検討されるなど、近い将来にもこうしたスマートでクリーンでカワイイ、EVが街中を走り回るようになるかもしれません。

2輪に目を転じてみても先日、テラモータースが発表したスマホ連動タイプの新型電動バイクは動力性能、デザインともに革新的なものを感じましたし、今年のマン島TTレースを風のように駆け抜けたチーム『MIRAI』のEVレーサーの力強い電動サウンドも、未来のモータースポーツへの予感を感じさせるものでした。

モデルチェンジの度に肥大化するガソリンエンジンの高級車や、排気量アップによってパワー競争を繰り広げてきた高性能大型バイクにとっては、ちょっと耳の痛い話かもしれませんが、時代の転換期にあることは確かなようです。ささやくようなモーターの調にそれを実感した昨今です。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連トピックス】
テラモータースがスマホ連動型EV「A4000i」を発売!

【関連ニュース】
【新車】テラモーターズ、世界初のスマホ連動型電動バイク「A4000i」を発表

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る