【新製品】β-titaniumから生存率の高いビレットパーツ レーシングカメラケースが登場!

新しいバイクの楽しみ方として昨今増えてきたサーキット走行でのアクションカメラの搭載。
しかしそれはサーキット走行という行為で考えた所、一点の疑問が残る。
飛散防止という疑問が。

アクションカメラの殆どが車体にマウントする際に純正のカメラケースを使用しているが、その殆どが樹脂製です。
これは転倒の際にヘッドライトやウィンカー同様飛散処理を必要とされる部品だと考えられます。

NCK Teraoka Racing camera shellはAL5083超々ジェラルミンをを削り出し、カメラを守ると共に、万が一の転倒の際に飛散するであろう箇所をレンズカバーのみという徹底した飛散処理能力を有したビレットカメラケースです。
ビレットパーツということで万が一の場合にもカメラ自体の生存率を飛躍的に向上させることが可能となっております。

取付の際はマウントホルダーに純正の1/4インチUNCを1箇所そしてφ5のボルト穴を8箇所有することにより様々な場所へと取り付けが可能、またマウントホルダー自体を固定した後でも+10-45合計55度の可動が可能で、安全に、今まで見たことのないような画角からの撮影が可能となっております。

(カメラシェル自体に防水性はありません)
(転倒によるカメラの破損を保証するものではありません)

button

関連記事

編集部おすすめ

  1. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  2. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  3. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  4. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
ページ上部へ戻る