250ccクラスが大躍進! 魅力的な新型と低価格が若者にアピール

250ccモデルを中心とした軽二輪が売れに売れている。以下、SankeiBizより。

『縮小の一途をたどる国内二輪市場で、「軽二輪」と呼ばれる排気量126〜250ccクラスの好調さが際立っている。もともと、維持費の安さや長距離走行も快適にこなす性能の良さが人気の理由だったが、二輪車メーカー各社が低価格化とともに魅力を高めた新車を相次いで投入。若者を中心とした新規需要の掘り起こしにつなげている。
全国軽自動車協会連合会によると、今年上期(1〜6月)の軽二輪の新車販売台数は前年同期と比べて33.3%増の2万6962台となり、2年連続で前年実績を上回った。ブランド別ではホンダが31.3%増の1万269台、カワサキ(川崎重工業)は約2.2倍の5923台、スズキも45.8%増の3818台と大きく伸びた。ヤマハ(ヤマハ発動機)は4.6%減の4301台だった。

軽二輪は、251cc以上の小型二輪と違って車検が必要ない。また、125ccまでの原付きでは認められていない高速道路での走行も可能。さらに「二輪車全体の2割程度を占める女性ユーザーにとっても、足が地面につきやすくて取り回しがいい」(ヤマハ発動機)ことも人気の理由だ。川崎重工は2月に「ニンジャ250」、4月に「Z250」を相次いで発売。担当者が「ニンジャシリーズの前モデルが軽二輪ブームに火を付けた」と話すように、人気車種の新モデルが同社の販売を牽引(けんいん)している。ホンダは、11年に発売した「CBR250R」がユーザーの根強い支持を得ている。同社の同クラスの価格は60万〜70万円が中心だが、CBR250Rはタイからの“逆輸入”で最低価格を44万9400円に抑えた。
軽二輪のブームについて、二輪車専門誌「ストリートバイカーズ」の安田尚令(しょうれい)編集長は「空前のバイクブームだった1980年代にバイク乗りだった50代前後のライダーの子供たちが、バイクに乗り始めている」と指摘する。軽二輪を購入する20代前半の男性が増えていることも、販売拡大を後押しする要因となっているようだ。』

第三次バイクブームとも言われる現在、特に最近は250ccクラスの躍進が著しい。数年前までのビッグバイクブームはやや陰りを見せているものの、これに代わり、街中でもツーリング先でも、“ニーゴー”だらけである。特に若者が増えてきたことが嬉しい。一時は排ガスや騒音規制の厳格化により、消滅してしまったかのように見えたこのクラスだが、ここにきて各メーカーから、手頃な価格でカッコいい魅力的なニューモデルが次々にリリースされていることが大きいと思う。最近、雑誌の企画などでも250ccクラスに乗る機会が増えたが、気軽に扱えるジャストなサイズ感と、使い切れるパワー感がたしかに楽しい。加えてクオリティもなかなかのものだ。なぜか気持ちまで若々しくなるのは、80年代への郷愁か。昔乗っていたオジサンたちにもぜひおすすめしたい。

Webikeニュース編集長/ケニー佐川

【関連ニュース】
◆快走「軽二輪」 低価格化と新車攻勢加速 国内上期33.3%増
◆バイクの「軽2輪」の新車販売台数が上向きに、バイク女子を取り込んで人気復活へ

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
ページ上部へ戻る